ホンダ

ホンダCR-Zに次期型はあるのか?2016年内の生産終了決定!

2016/11/10

ホンダCR-Zが残念ながら2016年内で生産終了することが決定しました。

現時点では(2016年秋)まだ生産注文できるようですがほぼ最後のチャンスといったところです。

さてこのホンダCR-Zに次期型があるのかどうか?今のところは「ほぼあり得ない」といった状況であることは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

ホンダCR-Zの次期型がない理由(わけ)

crvv

これは当然でしょうね、今モデル廃止になるのは売れていないからということが最も大きな理由でしょう。

スポーツカーなのにハイブリッドという特殊な車種でしたが最初は目新しさもありソコソコ売れたと言えます。

しかし最近ではパッタリと売れなくなり生産終了となりました。この状況で次期型があると考える人はごく少数でしょう。ハイブリッド+スポーツ専用車というジャンルは難しいということが分かったのかもしれません。

ホンダCR-Zは不人気車なのか?

ホンダCR-Zって不人気車とか不遇な車というイメージが今では強いような気がします。しかし最初は日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたり(第31回2010年-2011年)、人気車と言っても良かったと思います。

最初の年は2万台弱売り上げて良かったのですが、その後はどんどんと先細っていき年間1000台にも満たない台数となり2016年に生産終了となりました。

ただ販売台数を総合的に見てみると4万台は売れたということで不人気車とも言えないでしょう。国内市場の話ですが今をときめくロードスターに比べればCR-Zの方が売れているんじゃないの?という話にもなってきますね…。(同時期で比較するためNCロードスターで考えるとそうなりますし、NDロードスターも台数的には大したことがないです)

またトヨタ86の初年度の年間販売台数は26,102台とCR-Zは23,061台(※2010年2月~2011年1月まで)とほとんど変わりませんね。トヨタ86はスポーツカーで最も台数が売れている現行車種ですからそれに近い台数が出ているということはやはり、ホンダCR-Zは人気車だったと言えなくもありません。どんどんと先細りになっていって売れなくなったのが印象を悪くしている要因ではないでしょうか。

S2000、S1000などで手一杯

ホンダは新型S2000やS1000を出すという噂があり、期待薄なCR-Zどころではないでしょう。

またホンダシビックタイプR(※セダン)も登場するという噂ですからホンダのスポーツは今後も期待できるかもしれません。

またすでに発売されているS660やNSXは大成功という結果になっています。NSXに関しては国内の受注はしばらくできそうにないようです。すでに供給できる台数以上の注文を抱えていてこれ以上は無理ということでしばらく買えない状況です。

どこにそんなお金があるんだろうか?と思いますがあるところにはあるようです(笑)

ちなみにNSXの価格は日本では何故か若干高く2,370万円!と高額というか現実感ありません。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-ホンダ