トヨタ

トヨタアクアと日産リーフではどちらを購入するべきか?経済性はどちらが高い?

2016/11/01

トヨタアクアと日産リーフではどちらが経済的なんだろうか?どちらを買った方がお得?

これは意外と簡単に答えられる質問でしょう。

結論から言うとトヨタアクアの方が経済的だと思います。日産リーフは電気自動車という特殊な自動車でいろいろ面倒なことがあるのが最大のデメリットです。

スポンサーリンク

リーフとアクアの車体価格の差は?

日産リーフ

lif

【グレードS】

■車体価格1:3,197,880円-補助金33万円=2,867,880円

■車体価格2:2,803,680円-補助金26.4万円=2,539,680円

【グレードG】

■車体価格1:4,018,680円-補助金33万円=3,688,680円

■車体価格2:3,624,480円-補助金26.4万円=3,360,480円

※車体価格1は駆動用バッテリー容量30kWh、車体価格2は駆動用バッテリー容量24kWh

以上、日産リーフ公式サイトより

トヨタアクア

AKAKEGE

価格:1,761,382円~2,100,109円

アクア公式価格一覧

いかがですか?価格の時点でアクアの方が安いと思いませんか?50~100万円以上も価格差があって、グレードによっては燃費差でその価格を埋めるのはほぼ不可能です。。。

リーフとアクアの燃費差は?

燃費差は非常に難しいです。

■日産リーフ燃費:月間1000キロ走ると1,970円

【リーフ公式より】

■アクア実燃費平均:23.02km/L

※実燃費はこちらを参考に

月間1000キロ走ると5,212円くらい(※1リッター120円)

以上を踏まえますと年間で38,904円の違い。

これを10年間で計算すると389,040円で約40万円リーフの方がお得!です。

単純に計算してみてもアクアの方が優勢だ

どう考えてもアクアの方が得ですね。

まあこの他にも車は経費が掛かるので燃料代だけじゃないとは言え、これ以上どうやって車体価格の差を埋めたら良いのか分かりません。

あとは電気自動車のバッテリーの方が劣化が早く交換ともなるとどうなんだという話になってきます。ハイブリッドは10年以上持ちますし、今のところ交換で金銭的に大変だという騒ぎは一切ないようです。

日産リーフは意外とデカイ

アクアばかり褒めても仕方ないのでリーフの良いところも言っておきます。

電気自動車でリーフということでアクアと同じくらいの大きさのコンパクトカーだろと思われる方が多いと思います。

しかしリーフって結構デカイ車で、大きさ自体は普通車って感じですね。

■リーフ

全長×全幅×全高=4,445mm×1,770mm×1,545mm

■アクア

全長×全幅×全高=3,995mm×1,695mm×1,455mm

全長と横幅が結構違います。リーフはプリウス寄りの大きさです。そういうことで車内は余裕があって使いやすいかもしれません。維持費や車体価格以外にも注目すべきところはあると思います。

せっかく買っても狭すぎてすぐ買い替えたとなると無駄になりますからよく考えた方が良いです。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-トヨタ