スバル

新型インプレッサの1.6Lモデルはいつ発売される?1.6Lモデルの価格は?

2016/09/25

ようやく新型インプレッサの発売日が近づいています。前評判は非常に良いのですが、いかんせん走りが良いということで伝わりづらい部分です。ユーザーとしては見た目がすげえ変わったとかそういう部分の方がインパクトがあったりしますよね。

さて新型インプレッサの2.0Lモデルは2016年10月25日に発売されます。

しかし1.6Lはその日に同時に発売されないんですね。

新型インプレッサの1.6Lモデル発売日は2016年12月~2017年頭くらいだそうです。

何で同時に発売しないんだよ…と思いました。。

スポンサーリンク

新型インプレッサの価格も公式サイトに出ていない

新型インプレッサの正式発表が10月13日なので公式サイトでも価格がまだ出ていないのだと思われます。

グレード 駆動 価格
2.0i-L EyeSight FF ¥2,160,000
2.0i-L EyeSight 4WD ¥2,376,000
2.0i-S EyeSight FF ¥2,376,000
2.0i-S EyeSight 4WD ¥2,592,000
1.6i-L EyeSight FF ¥1,922,400
1.6i-L EyeSight 4WD ¥2,138,400

ということで価格はこちらになります。もういろんなところで出ているかもしれませんがこんな感じです。

ちなみにスバル車に詳しくない方に説明をしますと、2.0i-S>2.0i-Lという序列になります。Sグレードの方が上級モデル。

そして1.6i-Lというのが1.6Lモデルになります。

impd

価格を見ると200万円前後と最近の車種では安い方かなと思います。全ての車種でEyeSight標準装備というところが嬉しいですね。しかも最新のEyeSight ver.3ですし細かい改良もされていて従来のVer.3よりもレベルアップしているのが特徴です。

何でスバルは1.6Lなのか?

それにしてもどうしてスバルは1.6Lなんていう中途半端な排気量に設定しているんでしょうか?

1.5L未満なら自動車税が安くなるのにと思いませんか。

しかしこれはスバルが海外向けに自動車を作っているからということがあります。世界的には自動車の排気量の区切りというのは1.6L→2.0Lというような感じになっています。

1.6Lだと小排気量で小型車用のエンジンという感覚。世界標準に合わせるとこういう形になってしまう。日本だけがおかしいというのが現状です。

それというのも日本の税制がおかしい、排気量が増えるに従って税金が上がっていくという「ただ税金を取りたいだけの基準」だからでしょう。

だってクリーンディーゼルは環境に良いということで補助金まで出して販売促進しているのに排気量が大きいので2.2Lディーゼルだと年間45000円もの自動車税が掛かるんです。小さい排気量の車より空気を汚しているから高いという名目で税額が高いのだと思いますが、でも環境に良い車ということで一方では補助金を出しているんです。

明らかに矛盾しているが後戻りができないまでに至っているのが日本の税制でしょう。

インプレッサは1.6Lか2.0Lか?

正直な話、1.6Lでも2.0Lでも基本的な性能は変わりません。新型プラットフォームでEyeSightが付いていて、内装も一新されているということで大事な要素は共通したものになっています。

価格差の違いは内外装の多少の質感と”走りの質感”にあります。これは2.0L間のグレードでもある話です。

個人的には1.6Lで十分です。インプレッサですし質感というより経済性を優先させたいですから200万円前後で買いやすいでしょう。内装もそんなに落ちませんし(公式サイトで比較してみて下さい)唯一気になるのはアルミホイールがイマイチかなっていうところくらいです。それでも最初に出たばかりのレヴォーグの1.6Lのアルミホイールよりずっと良いですからマトモです(ちょっと分からない話かもしれませんが…)。

1.6Lでも電動パーキングブレーキが付いていたり、歩行者用エアバックも標準装備と抜かりがありません。発売は年末年始になりますが一時も待てないという感じではないですよね。

また質感も欲しいといことであれば2.0i-Lで十分でしょう。新型プラットフォームになって走りも段違いになっているという評判ですから、これで4WD設定でも237万円であれば納得の完成度のようです。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-スバル