車の購入

自動車税が来ない!?中古車は自動車税を払わなくて良いのか?

2016/09/14

中古車を買った場合には初年度には自動車税の通知が来ないことがあります。

これは自動車税が年度末の方式で徴収されるためです。

結論から言えば4月以降に中古車を買った場合には自動車税を払わなくて良いです。

年ではなく年度で区切られています。お前は何を言っているんだ?と思われる方は以下をご覧ください。

スポンサーリンク

自動車税は年度末方式です

HUTUU

自動車税は4月の所有者に税金が来る仕組みです。

例えば2016年3月に自動車を中古車を購入したとしましょう。すると2016年は自動車税を払えと通知が来ます。

しかし2016年4月以降に自動車を購入した場合には自動車税の通知は来ません。

自動車税の場合には2016年4月1日の所有者に税金が来るシステムです。

これは年度末方式だからです。2016年3月までが2015年度となります。何かややこしいですが日本の役所関係はこういう区切りで動いているのでで区切りというよりも年度で区切ります。

例えば学校でも4月が新学期で4月から1年生から2年生になりますよね?そういう感じです。ですから歳が違うんだけど同級生ということが起きたりして訳が分からんと密かに思うわけです。

中古車は4月以降に買うのがオススメなのか?

自動車税の通知が来ないので4月以降に買った方が得をしそうですよね?

しかし中古車価格に自動車税が上乗せされていることが大半ではないでしょうか。一旦車屋が自動車税を払うのですが、中古車価格に含まれているという訳です。

何だよ、と思われるかもしれませんがおそらくはそういう形で売っていると考えて良いでしょう。ですからいつ買っても同じだと個人的には思います。

新車を買うとどうなるのか?

新車を買う場合はいつでも一緒の扱いになります。

普通車の場合には4月以降でも必ず月割で自動車税の通知があなたの住所へやってきます。最近ではエコカー減税が自動車税でもあるのですがこれは月割の無い翌年に適用されます。

2016年5月に新車を買った場合

■2016年は月割で払う

■2017年は減税された金額を払う

ただ軽自動車の場合は違ってきます。4月以降ですと月割という概念がありませんので初年度は無税になります。

おやおや変だぞ~と思われるかもしれませんが、普通車は都道府県、軽自動車は市町村と管轄が違うためにまた金額も軽自動車が小さいので月割がありません。

買う場合には特に意識はしなくて良い

結論としては特に意識はしなくて良いです。買う場合には必要とあればお役所から自動車税の通知が必ず来ますのでそれを無視しなければ良いです。通常は自動車税の通知は5月に送られてきます。

しかし自動車を処分する場合には注意が必要です。それは4月1日の所有者に自動車税が来るからですね。ですから車を売る、廃車にする場合には3月中が最も好ましいです。

一時抹消登録すると自動車税も止まりますし、還付されることになりますがここはしっかりと自治体の方で書類を交わさないと還付されなかったり止まらなかったりしますので注意が必要です。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-車の購入