車の購入

車の値引きは現金払いかローン払いで違いあるのか?お金はいつ払う?

2016/09/19

まず大前提として抑えておきたいのはクレジットを組むと自動車販売店(ディーラー等)がローン会社から紹介料が支払われるということです。

ですから自動車販売店(ディーラー等)としては現金一括払いよりもクレジットを組んでくれた方がありがたいということは当然のことになります。

ただ値引きに関して現金払いかローン払いかで変わってくるということの影響はそれ程大きいとは言えないと思います。

スポンサーリンク

値引き交渉はいかに他店との競合になるかが鍵

10T0E3

具体的な例で申しますと「トヨタのノアとヴォクシーと日産のセレナ、そしてホンダのステップワゴンで迷っている」という場合に値引きが大きくなる可能性があります。こういう状態では販売店同士で値引きしてでも勝って欲しいというお客の取り合いになります。

こういう場合に最も値引きに影響が大きくなるということが言えるでしょう。

これに比べると現金払いなのかローン払いなのかというのは影響が少ないと言えます。

ローン払いの方が値引きが大きくなる?

ですから影響は少ないが、ローン払いの方が現金払いよりも「多少は値引きが大きくなる可能性はある」と思います。

しかし値引きが大きくなる要素としてはそれ程気にする程でもないような気がしますね。

そもそもローンを組んだ段階で金利が発生しますので、値引きが大きくなっても現金払いより損をすることが多いです。ですから現金払いできるが、値引きが大きくなる可能性があるからローンを組もうというのはちょっと間違った判断だと言えそうです。

現金かローンかはいつ決めるのか?

例えばディーラーで新車を買う時にどのタイミングで現金かローンかの支払いを決めるのか?

これは営業マンが忘れていない限りは・笑、見積もりを取る段階で「支払いは現金かローンか」を聞いてくる筈です。

そこであたなが答えるということになります。ここで現金ですと答えても後で「やはり一部はローンを組みたい」と変更しても(ローンが通らないために購入することができなくなることを除いては)問題ないと思います。

また一部をクレジット払いしたいという場合には可能なのかも聞いた方が良いでしょう。

まあ購入決定という時に支払い方法も最終的に本当に決めるということになりますね。

お金はいつ払うのか?

【現金一括払いのケース例】

1.契約時に手付金を払う(ちょっとした手付金1万~数万円程度が多い)

2.登録諸費用(登録前に諸費用を払う)

3.納車時に残りの全額を払う

この流れが普通だと言われています。契約時にいきなり全額払うのは物理的にも不可能でしょうからまずは手付金を払い、お金を払う意思があることを示す訳ですね。

そして様々な登録諸費用を登録前にですね、ディーラーへ払います。

最後に納車日に残りの全額を払うという形になります。ただディーラーによっては納車日前に全額払えということが言われる場合もあります。これはディーラー都合だったり信用の問題だったりする場合があります。

ただ通常は車と引き換えに全額を払うのが当然のことだと思います。車が来ていないのに全額払えとはおかしな話ですよね?

私ならちょっと機嫌を損ねる展開です。しっかりと車が注文通りに完成してくるかを見届けてから自動車と引き換えにお金を払うということが普通なんじゃないのかなと思いますよ。

クレジットを組む場合は?

銀行などでローンを組む場合には現金一括払いと同様になります。

銀行→あなた→自動車販売店

というお金の流れになりますよね?ただ今度はあなた→銀行という形でお金を返すことになります。

またディーラー等でクレジットを組む場合があります。こういった場合にはクレジットを組んだ会社からディーラーへお金が支払われますのであなたは何もしなくても問題ありません。

ただクレジット会社へお金を返さなくてはいけません。ローンを組んだ会社から請求が来ますので月々返済していくことになります。支払い時期についてはディーラーでクレジットを組んだ場合にはディーラーへ聞きましょう。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-車の購入