車の購入

新車の値引きは通常どれくらいなのか?平均額はいくら?

2016/10/02

新車の値引きというのはおまけみたいなものだと思う方もいれば、しっかりと交渉するものだと考える方もいらっしゃるでしょう。

これって本当のところはどうなんだ?そもそも値引きってどらくらいされるものなの?

素朴な疑問がありますよね。ただこれは一概には言えなくて、メーカーや車種ごとに対応が全く違うようです。しかも同じメーカーの販売店でも販売店ごとにちがったり、しかも営業マンによって温度差があったりします。

スポンサーリンク

やる気がある営業マンから買うのが一番?

値引きということだけを考えればノリが良いというか、積極的な営業マンと交渉した方が値引きが大きくなりやすいです。

全くやる気が無い人もいるんですね。値引きに関して聞いても全く期待できませんし、逆に突っぱねられる場合もあるようで感じ悪い営業マンからは何も期待できません。仕事とは言えその時期に機嫌が悪い人もいるものです…。

またノリが良い営業マンだからと言って後々まで信用できるかと言えばこれは違うと言えますね~残念ながら。

最初は良いんだけどアフターフォローとか無くて頼れないという場合もあります。売るだけで後は対応が悪い人もいるんですね。売りっぱなしの営業マンです。ノリだけで生きている方もいますので非常に難しいですね。

値引きってどれくらいなのか?平均額は?

これはどんな人でもケースバイケースだと言う筈です。

ADGGR

交渉上手な人の場合は驚くべき値引きを引き出せるようですが、普通私達が交渉してもそうは上手くは行きません。

ただ変に交渉するよりも多くの販売店で話を聞いて、見積もりを取るということだけでも値引きが大きくなることが多いですのでいつもの店だけで買う義務というのは無いんですから、いろいろなお店で話を聞いてみましょう。

肝心の値引きですが金額ではなく、値引率で10%の値引きが引き出せれば上々です。

その際には車体本体価格+付属品価格の総額で10%値引きくらいが平均的ではないかと言えます。

ただ高額な車種の場合にはやや矛盾するかもしれませんが、10%ともなるとかなりの金額になりますのでそこまで行かないことが多いようですね。

例えば総額500万円の車を買ったとしましょう。すると10%値引きで50万円引きじゃないですか?これは大きいですよね、しかしここまで取れることは中々無いと考えて良いでしょう。

やはり300万前後の総額で30万円程度の値引きが取れれば合格という空気感で捉えると良いかもしれません。

メーカーごとに値引きを考える

まあただ車種によって値引き額も大きく違いますしやはり一概には言えないでしょう。正直な話、なんだかんだ言ってもトヨタが資本力が強いので最も値引きが大きい印象です。日産や三菱は値引きで対抗するしかないといった様相を呈しています。

ただホンダは何故か渋い車種が多いです。フィットやヴェゼルといった車種です。後はスバルとマツダも結構渋いです。特にマツダは値引きを控えるように販売店に本社から指示が出ているために昔のような安売りはほぼ無いと考えて良いでしょう。ただしプレマシーとビアンテという車種は大安売りしています。

最近はあっという間に値引きしてくれる?

新型車ですと中々値引きって渋いのですが、半年や一年もするとかなり値引きが大きくなります。

ですからいきなり飛び付くと余り得をしない印象です。例えばプリウスなんかは2015年12月に発売でその当時は当然ですが値引きはほぼ無しで渋いというのが普通でした。

PURIUUU

しかし半年ちょっと経ってどうなったのか?と言えばすでに総額で値引きが平均20万円+αとなっています。

納期は当初は半年と言われた程の人気車でしたが、今では長くて3ヶ月程度と普通の車種になっていますので、どんな人気車でもトヨタ系なら少し経てば値引きは普通に引き出せるようになっています。

アルファードに関しても新型となって話題になりましたし、価格の割にはかなりの台数が売れている車種です。しかしこちらも一年も経たずに値引きが拡大していますから、やはり焦って飛びつかない事は悪いことではないなあと思いました。

新車購入は難しい理由

ただそうは言っても新車購入は非常に難しいです。

普段仕事で忙しいのに何の新車を買うかなんて調べてる暇もないという方も多いでしょう。男性であれば奥さんに家の車だから任せたいところもあるでしょうが、ちょっと車のことは任せられないな~というケースも多いと思います。

また車検の兼ね合いでもうちょっとで新型車が出るのに間に合わないということも良くありますね。そういう場合は諦めることも必要です。

やはり車検を通してしまうと税金を払わないといけないですし廃車にしないと戻ってきません。売る場合に車検が残っていれば下取りや買取金額に含まれると言っても本当にそうかなのか?ということは往々にして多いのでやはり車検が切れる頃に買い換えするのがベストだと思います。

ですから買いたい車種を少しは調べて、どうするか予定を多少でも組んでおいた方が損をせずに好きな車種を買えると思います。新型車の場合には出た瞬間ではなく、1年位は様子見をした方が良いでしょう。やはり試乗もせずに買うのは問題外ですから、じっくりと評判なり様子見をしてから買うのが一番です。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-車の購入