CAR情報メモ

車が売れない!危険領域へ!?2016年上半期自動車販売はどうなっている?

2016/09/29

さて2016年も半ばを過ぎました。

今年もというか、今年は更に日本では車が売れていません!景気が良くなっていないことを批判するための記事ではありませんが、事実を私達は見つめる必要があるのではないかと思います。

2016年に車が売れていない状況を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2016年販売台数はどうなっている?

さて去年までの動向は以下の通りです。

2015年度(15年4月―16年3月)の国内新車販売台数(軽自動車を含む)は前年度比6.8%減の493万7734台と2年連続で前年を下回り、東日本大震災の影響があった11年度以来、4年ぶりに500万台を割り込んだ。

ロイターより

2015年度は何とろろろ…6.8%減!!

「東日本大震災の影響があった11年度以来」とありますが、2015年度って何か大災害がありましたっけ…?

あ、消費増税の影響かな…。怖い

結局、2016年3月まで15カ月連続減という金字塔を立ててしまいました。別に特定の政権がどうこうという話ではないでしょう。ただ「景気がよくなってはいない」よな…と(^O^;)

ちなみに4年ぶり500万台割れです。

2016年度前半戦は?

今年も非常に厳しい状況になっています。去年アレほど売れていないのに更に悪くなっているという。

「プリウス」が唯一の10万台超え 2016年上期の新車販売台数ランキング

新車の売り上げが低迷する中、販売実績が5万台以上のクルマで前年より伸びたのは、プリウスのほか、ダイハツの軽自動車「タント」(同2.0%増の8万9361台)、トヨタのミニバン「シエンタ」(700.4%増の6万1054台)だけだった。

 

16年上半期の新車総販売台数は4.8%減と2年連続のマイナス

2016年上期(1~6月)の新車販売統計(速報)によると、総販売台数は前年同月比4.8%減の254万7354台となった。

というところがポイントでしょう。「登録車は前年同期比0.7%増の164万1875台と、横ばいレベルながら2年ぶりの増加となった」とありますが、登録ですからね…。新車が売れなくて山奥に野ざらしで置いてあるなんていうネガティブニュースも以前にありましたし、実情としては車は全く売れていないんです。

前年同月比4.8%減が恐ろしいです。前年も売れてないですから。

ちなみにGDPについては住宅投資等が牽引して僅かにプラス成長になっている(2016年4月-6月)ということですが、消費は落ち込んでおり円高も相まって、唯一?良かった雇用も落ち込んでいくのではないかという見方が今のところは強いです。頼みは米国の利上げのみということで他動的な状況です。

そして国内市場は見捨てられた

もうそういう感じになっています。2016年前半に出た新型車(フルモデルチェンジ含む)はたったの4台!!

■スズキ バレーノ

■スズキ イグニス

■ホンダ クラリティ FUEL CELL

■トヨタ パッソ(ダイハツブーン)

たったこれだけですから驚きです。クラリティ FUEL CELLに至っては市販されていないんで実質3台でした。バレーノ、イグニスは正直微妙で軽自動車メーカーであるスズキの普通車(小型車)ですからそれ程売れている訳でもありません。またパッソはダイハツ製ですから、こちらも軽自動車メーカーの小型車ということで普通車のフルモデルチェンジすらありませんでした。パッソは売れているようです。

今後は新型セレナ、C-HRに期待か?

今後の新型車はセレナのフルモデルチェンジ、そしてニューカーであるC-HRです。

seregeb

その辺の予定はこちらからご覧になることができます。

後はホンダフリード、そしてスバルインプレッサのFMCが大きいです。特にインプレッサの期待度は高いですかね。新しいプラットフォームで一新されるので質感が一時期、最も下位であるインプレッサが逆転するという触れ込みです。余り外観は変わっていないように見えますが、中身は凄いということです。インプレッサは普通車にしては安いモデルですから、出来が良ければ欲しいという方も多いのではないでしょうか。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-CAR情報メモ