車の購入

自動車のコミコミ価格って何?新車・中古車・新古車

2016/09/30

自動車の販売価格というのは分かりにくいというのは確かですね。

まず「車両本体価格」というのがよくある車の価格です。これは大体は下に(消費税8%込み)となっていて消費税込みの価格で表記されることが多いです。消費税を抜けば結構安いなと感じられることがあったりします。

さて問題としてはコミコミ価格が重要ということです。

スポンサーリンク

コミコミ価格とは何か?軽自動車が200万円超える内訳

~コミコミ価格新車編~

コミコミ価格とは車両本体価格+付属品+諸費用となります。

これを全てひっくるめて考えないといけません。

例えば今最も売れているタイプの車種と言えば日本では軽自動車のスーパーハイトワゴンタイプです。

ダイハツタント、ホンダNBOX、スズキスペーシア、後は日産デイズルークス、三菱ekワゴンがあります。

NBOOX

このタイプの上級グレードになると何と車両本体価格が170万円とかなったりするんですね…。

黒のホンダNBOXってカッコイイ、欲しいと思ってもこれはカスタムの方なんです。アルミホイールなんかも上級にしたいので中くらいのグレードを買うとしたら156万円!、雪が多少降るので冬が心配という方の場合は4WDになりますが、こちらは169万円!とほぼ170万円の域になります。

そしてドラレコ、ナビ、フロアマット、ETC類、ドアバイザーなど基本的な付属品を付けると何と25万円前後の付属品費になったりします。

更に諸経費(税金・自賠責保険・リサイクル料金・ディーラ保証など)では手元資料によると、17万円もの料金が発生!

車両本体価格(170万円)+付属品(25万円)+諸費用(17万円)=212万円!!

4WDなんて乗らないですが・・

そういう方の場合でも(以下2WD車の場合)

車両本体価格(156万円)+付属品(25万円)+諸費用(17万円)=198万円!!

とほぼ200万円です。

このようにして軽自動車でも200万円になる時代になっているのです。値引きは無いの?と言われるかもしれませんが、こちらはホンダNBOXの場合には交渉が上手な人の場合には15万円程度の値引きが取れるそうです。※2016年時点の話

ですからコミコミで考えるとかなり高くなるんです!

コミコミ価格中古車編

中古車ってどうなの?ということですが、これは付属品価格が無くなります。

付属品というのは新車でメーカーオプションやディーラオプションを付ける場合に発生しますので基本的な付属品は中古車には付いていることが多いです。ただナビが空になっている中古車もありますので注意が必要でしょう。

付属品の価格は中古車価格に含まれているので付属品が多い場合は車体価格が高くなるのが中古車の特徴です。

ですから、

車両本体価格+諸費用ということになります。

諸費用は車検が残っている場合は重量税を払うことはないと思われます。乗せられる場合もあるかもしれません。明細をチェックしましょう。自動車税は使った分を請求される場合もありますがいずれにせよ新車購入するよりも諸費用は安くなるのが普通だと思います。何か異常に高い(諸費用で20万を軽く超える、不明な請求が多い)請求の場合は契約する前に明細を確認した方が良いです。中古車屋が盛ってる場合があります。

新古車は要注意だ

たまにその地域で新聞折込チラシがあって「特選車」とか言って価格を提示してあるのがありますよね?

それは新車っぽく見えますが、生産注文車ではないので注意が必要です。いわゆる新古車と言って別にあなたのために作った車じゃないので新車ではないんですね。

店によっては値引き額を明確にチラシに出してある場合もありますが、生産注文でも値引きというのはありますし、チラシに載ってある「特選車」というのは色が選べないですし、不要なオプションが付いていて逆に高い場合も多いですし、そもそも「新車」ではないですし、余程更に値引きがないかぎりは生産注文で新車を買った方が良いです。

ちなみに現状ではトヨタは完全に注文を受けてから生産するので納期が長いですがその点は信頼性が高いです。ただその他のメーカーでは在庫車を山のように抱えているという車種もあって「特選車」と言って在庫車を買わされる場合もありますので、分かっていて買うのであれば問題ありませんが、新車だと思って買う場合は違いますのでちょっと考えた方が良いです。

ただ中身は新しいでしょうから、少し多めに値引きをしてもらったりサービスを付けてもらったりとそういうモノは欲しいですね。個人的にはボディーカラーが選べないし、オプションも選べないので余り好きではないです。

コミコミ価格でもコレはないよなというくらいに高いことが多いのも特徴でしょうか…。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-車の購入