LEXUS

レクサスCTフルモデルチェンジ情報!SUVタイプも発売される!

2017/04/13

新型レクサスCTはこれまでのCTよりも大幅に進化する見込みです。

今のところ、フルモデルチェンジした新型レクサスCTの発売は2017年秋という情報です。

フルモデルチェンジは未定です…

【↓以下は2017年には実現しそうにもない情報になりますので注意↓】

概要としては、

□スポーツハッチバックSUVタイプの2種類になる

□ハイブリッド車は4代目プリウス(40.8km/L)と共通のHVを搭載

■TNGAを採用、4WD設定も有り

■価格は350~500万円程度

最も注目すべき点は上の2点(□)でしょう。

スポンサーリンク

新型レクサスCTの詳細

CTCG

スポーティーなハッチバック。

CT2

現行車も悪くありませんが、新型レクサスCTの外観は最新のレクサスのイメージを強烈に体現しています。コンパクトハッチと言えども今後のレクサスの主力車であることは間違いありません。

旧レクサスCT

CT13

プリウスよりも小型なボディに同じハイブリッドシステムを搭載しますので燃費は40km/Lは行くのではないかという情報です。そこまで行かないにしてもそれと同等なJC08燃費を達成してくるのは間違いないでしょう。

燃費は魅力的だが、プリウスのデザイン性が苦手、他人と同じ車に乗りたくないという方には新型レクサスCTがおすすめです。

■現行車レクサスCT→3代目プリウスのハイブリッド

■新型レクサスCT→4代目プリウス(現行車)のハイブリッド

レクサスCTスペック

レクサスCTスペック(予)
全長 4,380mm
全幅 1,800mm
全高 1,530mm
ホイールベース 2,700mm
最高出力 98ps/5200rgm
最大トルク 14.5kgm/4000rpm
エンジン 1.8L直4+モーター
トランスミッション CVT
JC08モード燃費 35~40km/L
価格 350~500万円

参考数値で確定情報ではありません

レクサスCT・SUV

そして今回は全くの新しいタイプであるレクサスCT・SUV(仮)も発売される見込みです。

DEGE

CT33

プレミアム・コンパクトクロスオーバーというカテゴリーになります。長ったらしいカテゴリーですが、簡単に説明するとメルセデス・ベンツGLAやアウディQ3辺りがライバル車となります。

レクサスCT・SUV(仮)の強みは何と言ってもハイブリッドの燃費の良さ。輸入車のライバル車はコンパクトSUVにも関わらず、軒並み13~18km/L前後の燃費性で時代遅れとしか言いようがありません。

レクサスCT・SUV(仮)は35km/L前後の見込みですから歴然たる差があります。中身はプリウスのハイブリッドシステムですから当然と言えば当然ですね。プレミアムコンパクトとして質的にはレクサスが輸入車に追いつこうとしていますし、新型レクサスCTではまたその距離を縮めてくるでしょう。

実用性を含めるとこのクラスなら国産車である新型レクサスCTが勝っていると思われます。

【→レクサスCT・SUVとはUXコンセプトか?】

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-LEXUS