トヨタ

プリウスPHV発売延期!アメリカで売れている台数とは?

2016/11/29

プリウスPHVの発売が延期されましたね。

本来であれば2016年10月26日に発売されるという予定でした。そこか年末頃へ。そして1月発売が決定しての再々々延期とありなっております。

最終的には2017年2月発売(※予定)となっています。

さてプリウスPHVはそれ程、台数的に売れる車種ではありませんので何故こんなに各メディアが騒いでいるのか?温度差があるニュースだったと思います。

発売延期の理由についてはアメリカでの発売を急いでいる、国内向けだけが延期なんだという話もありますね。延期の理由についての真相はTOYOTA本社のみが知る話ですので憶測を言っても分からず終いでしょう。

スポンサーリンク

アメリカでプリウスPHVが売れている台数とは?

PRIUSPLUGIN
出展:http://www.toyota.com/upcoming-vehicles/prius-prime/

プリウスPHVってアメリカでどれくらい売れているんだろうか?

テスラが電気自動車にも関わらず、飛ぶように売れているのでアメリカってやっぱり景気が良いよなと思ったのです。

しかし驚愕の真実がそこにはあったのです。

アメリカでプリウスPHVが売れている台数とは2016年7月は

たった4台?

→Monthly Plug-In Sales Scorecardより

余り英語が達者ではないので、このサイトの信ぴょう性がどうなのか分からないのですが、もし本当であれば直近で全米では月間でたったの4台と寂しいことになっています。対してテスラモデルSは2,150台と売れていますね。

日本人からすると、日産リーフが1063台というのも何かおかしいな(^O^;)という気がしますが、とにかく不人気かもしれないという話。

しかしこんな記事も見つけました。情報元はForbesで信頼性は高そうです。

アイシーカーズ・ドットコムの「最もよく売れる中古車トップ10」と、次の買い手が見つかるまでの平均日数は次のとおり。

1. トヨタプリウス プラグインハイブリッド  19.7日
2. 日産リーフEV  24.3日
3. テスラモデルS EV:  26.1日
4. ヒュンダイ(現代)ヴェロスター・ターボ  27.8日
5. インフィニティQX60  27.9日
6. インフィニティQX56  29.0日
7. レクサスCT200hハイブリッド  29.4日
8. トヨタハイランダー ハイブリッド  29.6日
9. レクサスRX350  29.7日
10. マツダMazda2  29.9日

引用元:Forbes

これを見るとプリウスPHV(プラグインハイブリッド)の人気の高さが伺えます。

中古車だと実質的な人気はテスラを上回るとは(!)

…というかアメリカの調査なのに日本車がズラリ。燃費が良い、壊れなさそうということが選ばれる理由なのは日本でも同じですね。

みんなモデルチェンジを待っているんだ!?

そういう楽観的な話ではないと思います。今年に入って最高でも11台?しか月間売れていないことからも不人気振りが凄いです。

直近でこれだけ売れていないのに米国でプリウスPHVの発売を急いでいる背景というのは理解しがたいのですが、これはアメリカの世界一厳しい環境基準が原因ではないかという観測もあるようです。

Zero Emission VehicleからHVが外れた!?

アメリカではメーカー毎に環境基準を守れというお達しがあり、それを守れないとペナルティがある州もあります。

ですからどれだけ販売している車種の中に環境に良い車の比率が高いかということが非常に重要になってくるようです。各メーカーはZero Emission Vehicle=ZEVという基準をクリアした自動車を一定の台数を販売する義務があります。できない場合は罰金などペナルティがあります。

そして最近、Zero Emission Vehicle=ZEVという基準からプリウスが外れてしまったようです。環境に良いと日本で思われているハイブリッド車のプリウスはとうとうアメリカでは環境基準をクリアしていない車となってしまいました。アメリカではすでに充電機能がない自動車は排気ガスを撒いているからダメだねという厳しい基準になっています。もちろんだからと言ってプリウスが環境に悪いとは思えませんが。あくまでもZEVという基準の話です。

恐れていたことが現実になったということで、プリウスPHVのアメリカでの発売を急いでいる可能性はあるでしょう。ただ前述にもあるようにさっぱり売れていない車種なんですね。これでZEV基準を満たした自動車販売台数の比率を上げることができるのか疑問と言えば疑問ですね。

日本市場にはそんな基準はありません

トヨタのお膝元である日本ではそんな基準はできっこありません。そんな基準を作ったら政治家と言えども怒られちゃいますからね・笑。笑い事なのかは分かりかねますが、日本での環境基準についてはトヨタが影響力を行使できる立場にあります。

一方でアメリカではトヨタの政治的な影響力は非常に弱いので大変だと思われます。こういった事情もあって日本での発売も延期したのかもしれませんし、あるいは単に部品調達の問題なのかなという話かもしれません。

とにかく騒ぎすぎというところが真相のようです。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-トヨタ