CAR情報メモ

軽自動車はなぜ人気があるのか?素朴な疑問

2016/08/28

軽自動車って人気がありますよね。

でもなぜ人気があるのかよく分かりませんよね。

何となく税金や車体が安いからだろという話ですが、軽自動車ユーザーでない限りはどのくらい安いのか知らない人も多いでしょう。自動車税がどのくらい安いかは分かっていても重量税なんかは払っていない限りは絶対に分かりません。

払っていても重量税は車検時に払っているので自分の車の重量税を知らない人が実際には大半なのです。

スポンサーリンク

軽自動車の税金はどれだけ安い?

軽自動車は5ナンバーの乗用車の税額はどの車種でも共通です。

TAGEBTA
10,800円

普通車は1.0Lで車両重量が1トン以下のトヨタパッソを想定しています。これが普通車では最も税額が低いタイプです。

PASSO
29,500円

自動車税

■自動車税1.0L以下→29,500円

■軽自動車税→10,800円(7,200円)

軽自動車が18,700円(22,300円)安い!

解説:自動車税1.0L以下とは普通車の最低排気量で最低金額の自動車税になります。そして軽自動車税の7,200円とは2015年3月31日以前登録の中古車の税額です。これから新車で買うと10,800円の軽自動車税です。

重量税

■1トン以下の自動車重量税→10,000円(16,400円)

■軽自動車重量税→5,000円(6,600円)

軽自動車が5,000円(9,800円)安い!

解説:重量税のカッコ内はエコカー非適用車の税額。最近の車種はほぼエコカー適用者に該当している。

合計でいくら安い?

大体ですが、一年で21,200円程度安いです。

(内訳→18,700円+2500円=21,200円)

重量税は5,000円安いですが、これは2年間で5,000円安いので2で割っています。

ん?思ったより差が小さい…。

計算してみると分かりますが普通車の最も税額が安いタイプと軽自動車の税額の差は2年間で微々たるもの?でした。

いや、10年で考えるとおよそ20万円もの差が出るので大きいと言えば大きいでしょう。

ちょっとした旅行に行けてしまいます。

ただ思ったよりも差は小さいなあというのが正直な意見です。

まあ普通車と言ってもピンきりですから自動車税が毎年10万円を超えるような極悪な排気量の自動車も世の中には存在しています。

そういう車からすると軽自動車の維持費は桁違いに安いということなんですね。

ですから小型車の普通車と比べて、軽自動車の維持費を云々しても全くインパクトがありませんよね。

改めて軽自動車の人気を考える

軽自動車の良さとはバリエーションの豊富さにあると思います。

小型普通車と価格はそんなに変わらない車種が増えてきましたが、軽自動車の方が圧倒的に人気車が多いです。

種類はスポーツカーからワゴン車、軽ミニバン、軽SUV、一般的な軽自動車、軽貨物車など多彩なラインナップで選ぶのが大変なくらいです。

また燃費がハイブリッド車とそう変わらない車種が多いのも魅力です。

正直、コンパクトカーよりも選んでいて楽しいと感じますね(^O^;)

いろいろな種類があって軽自動車って楽しい乗り物というイメージすらあります。

男性ですとイメージだけで選んで良いのか?とか堅いことを言う方が多そうですが、車選びなんてそんなものですし、軽自動車の方が確実に維持費は安いので選んで損はありませんね。

結論としては車種が豊富なので軽自動車が人気があると言えそうです。そして維持費の差はそれ程大きくなくなっているというのが事実でした。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-CAR情報メモ