CAR情報メモ

中古車は不人気車ほど安いのは本当か?人気車でも色で安くなる?

2016/08/25

中古車の価格を調べると本当に妥当なのか、私達には分かりませんよね。

適正な価格で販売されているのか疑わしいことがよくありますし、かと言って安すぎるのも怪しいなと思ったりするものです。

ところで中古車は不人気車ほど安いのか?と言えばこれは本当です。

中古車価格はオークション価格と言っても良いので人気があれば素直に高くなり、不人気だと価格は下がるという仕組みになっています。

スポンサーリンク

不人気車狙いは正しいのか?

これは有りといえば有りでしょう。

新車の場合でも不人気車は値引きが大きいです。2016年の現状ではマツダのプレマシーとビアンテの値引きが一番大きいというのが定説です。

→詳しくは コストパフォーマンスの良い車ランキング※国産車トップ5

本題の中古車の場合には不人気車狙いは効果が大きいように思います。

やはりプリウスの中古車を買おうと思っても年式や走行距離で良さそうなのは驚くほど高いです。

これなら新車で買った方がまだいいんじゃないかというような気持ちになりますね。

しかし不人気車ですと同程度の年式・走行距離でも2~30万円安いなんていうことも往々にしてありますので、やはり不人気車狙いは有効です。

ただし売る時には二束三文になってしまうのが不人気車の宿命ですから、ダメになるまで乗り続けるのが基本です。

まあ買う前から売る時のことを考えるのは非常に後ろ向きな気はしますけども(^O^;)

人気車でも色で安くなる?

一方で人気車でも色で売値、買値が違ってくることが多いです。

黄緑色の特別色が気になる新型プリウスですが、

PURIUUU
サーモテクトライムグリーン

サーモテクトライムグリーンは、世界初の技術により遮熱機能を持たせた、車体表面温度が上がりにくい新色です。

トヨタHPより

これってどうなんだ?というところです。正直に言えば機能性は高いですが、将来、売値は白や黒より安くなると思います。

車体表面温度が上がりにくいと言ってもどれだけの効果があるのかなと思いますし、単純に黄緑の車体は派手すぎて嫌という人が多いので人気は低いと思います。

ですから営業マンに売れ残ったサーモテクトライムグリーンの試乗車のプリウスやシエンタを勧められたとしても、簡単には話には乗らないことが正解ですね。

SIENNNG

見慣れてくると何か良さそうに思えてくるから不思議ですが、やっぱり5年後、10年後に見返してみると「何でこの色を買ったんだろうか?(^O^;)」←こういうことになりがちだと思います。

売るときに値段がどうこうというより乗ってて何か嫌だな~とか思い出す色は良くないという話です。

車なんて何だって良いだろ

そんな方も時にはいますので、安くて壊れなければ問題なければ、何色だろうが、不人気車だろうが買って良しでしょう。

ただし不人気車であることや不人気色であることを知っておくのは損ではありません。

この色はちょっとな~とかそういう感じで伝えると最終的に安く買えるかもしれませんので、嫌われない程度に価格交渉を行うということは悪いことではないでしょう。

今なら三菱車をあえて買うというのはベストな選択かもしれません?またVWゴルフも値引率が輸入車でトップクラスです。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-CAR情報メモ