CAR情報メモ

トヨタ車で人気の車は何?※登録台数から考える

2016/08/24

よくトヨタ車で人気の車は何?という質問がされることがあります。

トヨタ車と言っても幅広く何が本当は人気車なんだという素朴な疑問ですね。

率直に言ってハイブリッド車が2016年現在では大人気です。

売上台数(=登録台数)が多いのはほぼハイブリッド車でそこに割り込んでくるのが他社の軽自動車という形になっています。

スポンサーリンク

2016年の登録台数から考えると

■1位はプリウス

■2位はアクア

■3位はノア・ヴォクシー

…という順番が現在のトヨタの人気車トップ3です。

もちろん、本当はノアよりもアルファードの方が人気があるんだよ!という主張の方もいらっしゃると思います。

これは人それぞれですが、アルファードの方が高級ですしそちらの方が良いに決まっていますね。

しかし、実際に売れている順番のトップ3は上記の通りです。

トヨタと言えばクラウンじゃないのか?

登録台数からするとクラウンは話になりません。

プリウスの1/10以下の登録台数、売上ということになっています。

直近ではプリウスが月間でおよそ25,000台の登録台数なのに対して、クラウンは月間で2,000台程度の登録台数なんですね。

そもそも価格が違うだろと言われるでしょうが、アルファード・ヴェルファイアは普通車全体でもトップ10(登録台数は7,000台程度)に入っていますが、クラウンは20位以下になります。

最近ではSUVのハリアーより売れていないのがクラウンです。欧州車に食われている部分も実際にはあると思います。Cクラスや3シリーズがライバルだと分が悪いですよね。

ただセダンが不人気ということも如実に現れていますね。

最近の傾向 トヨタ人気車ランキング

あくまでも2016年最近の傾向です。

トヨタ人気車ランキング

■1位 プリウス

■2位 アクア

■3位 ノア・ヴォクシー(HV含む)

■4位 シエンタ(HV含む)

■5位 アルファード・ヴェルファイア(HV含む)

■6位 ヴィッツ

■7位 カローラフィールダー(HV含む)

■8位 ハリアー(HV含む)

■9位 ポルテ・スペイド

■10位 カローラアクシオ(HV含む)

※HV含む=ハイブリッド車を含むという意味です。

ざっとですが、このような順番になっています。時期的に入れ替わりは当然ありますので不動ではありませんが、トップ3はほぼ動かない感じになっています。

トップ3で多少入れ替わるイメージです。

トヨタは国内でどれだけ売れているのか?

トヨタが日本国内で最も売れている自動車メーカーです。

これは多くの方がご存知のことでしょう。それでは2位以下のメーカーとどれだけ離れているのか?気になるところです。

【2015年 売上台数】

1位 トヨタ 1,463,840台+レクサス 48,231台

2位 ホンダ 726,928台

■3位 スズキ 636,360台

以上のようにトヨタだけでも2位のホンダとダブルスコアになっていますね。

これは数字以上の差があると言って過言では有りません。

そもそも2位が日産ではなくホンダ?という感じがしますし、3位はスズキなんですね。ここも驚くところです。

この原因は軽自動車が売れているからでしょう。

今年は軽自動車の増税で売上が減ってはいますが。

最近のホンダは軽自動車のNシリーズが好評で売上台数の多くは軽自動車によっているのが現状ですが、だからこそ2位なのでしょう。そうでなければ3位がスズキな訳がありません。※スズキは日本向けには主に軽自動車メーカーです。

そんな中で普通車しか作っていない売上台数がトヨタが倍以上ということは完全に独走状態であるということが言えます。

※トヨタはダイハツのOEM軽自動車を少し持っているだけです

普通車は正直トヨタしか売れていない…ということが現状です。これで良いのかは分かりませんが、他のメーカーさんにも頑張って欲しいと思っています。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-CAR情報メモ