日産

日産スカイラインが2017年12月にマイナーチェンジ発表!発売はいつなのか?

日産のスカイラインがマイナーチェンジを迎えます。

その時期とは2017年12月に正式発表される見込みです。

最近ではルノー日産(三菱)といった会社になったせいなのかは分かりかねますが、マイチェンやフルモデルチェンジの発表があってしばらくしてから発売されるという状態になっています。他メーカーもその傾向が強まっていますが。

例えばCMで日産の電気自動車であるリーフが新型になってすでに発売されていると思っている方も多かったと思いますね。2017年9月時点で。CMやニュースでもすでにリーフが発売されかのような状態でした。

しかしリーフは10月2日に発売されるんですね~。発売前から事前商談はできますし、リーフの試乗車も日産ディーラーに来ているのですが何ともメディアの先走り感が凄いです。初動で売ろうという感じなのでしょうか?

スポンサーリンク

スカイラインのマイナーチェンジモデルとは?

名前INFINITE Q50(日本名スカイライン)

米国価格34,200USドル~52,600USドル

→INFINITE Q50 USA公式HP

おおよそですが日本円にすると380万円~580万円程度のお高い車になります。※日本発売価格は未定です。

ラインナップとしては直4・2.0LターボとV6・3.0Lツインターボ、3.5Lハイブリッドの3タイプがあります。

現状では日本発売モデルは直4・2.0Lターボと3.5Lハイブリッドの2タイプとなっています。最も過激な6気筒ツインターボは未発売です。また日本で販売しているスカイラインも日産では唯一?INFINITEのエンブレムがフロントマスクに掲げられています。

こちらがINFINITEのロゴ、エンブレム

なぜスカイラインだけがINFINITEエンブレムなのかと言えば経費削減ではないでしょうか?(笑)いちいち付け替えるのも面倒だし、高級車の証であるINFINITEロゴをそのまま使った方が受けが良いという判断があるのだと思われます。当然ですが名前は日産スカイラインですし今後もそうでしょう。

米国ではすでにマイナーチェンジモデルです

世界的にはこのスカイラインというかINFINITEQ50はマイナーチェンジしています。

したがって日本モデルが取り残されているという状況です。最近の日産は日本を置き去りにしてる感じが強めなので遅れてスカイラインをマイナーチェンジとなったのでしょう。

何が変わるのか?と言えばフロントマスクの細かな修正・改良がなされ、リアコンビランプは一新されています。内外装共に改良を行っており小幅なマイナーチェンジと言えそうです。同じ日産のマイナーチェンジで言えばエクストレイルのマイナーチェンジがありましたが(2017.6)こちらも小幅な改良でしたが同様の感じとなります。

フルモデルチェンジではないので前期型と後期型で大幅に外観が違ったりすると嫌だなという方も多いでしょうからこれはこれで悪くないと思いますね。全体的に引き締まった感がありますので、よく見ると違います。よく見ると…。

発売時期は来年になるかもしれない

日産リーフも9月頃からティザー(販促広告)を開始していたのでスカイラインについても12月発表で広告を打ち、年明けにやっと販売になる可能性はあるでしょう。

したがってスカイラインのマイナーチェンジバージョンの発売日は2017年12月~2018年1月の予想になります。

欲しい方は12月中に事前の商談ができると思います。予定通りに12月に発表されればですが。今日産で100万台のリコール問題が出ていてどうなるやら…といった状況です。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-日産