トヨタ

トヨタGR発売予想まとめ※G'S改めGRシリーズへ

2017/07/08

G'S改めトヨタGRとはトヨタのスポーツブランド。

同じ車でも他人とはちょっと違ったスポーティーな仕様となりますので人気があります。

G'Sが無くなった今、G'S仕様のハリアーが中古車市場で値上ったりとリセールも強そうです。

さて今後のトヨタGRの発売予定をまとめていきます。

前知識として

・GRMN…極限チューンナップ仕様。スポーツカー。全身GR。

・GR…スポーティなエンジン仕様となっているタイプ。GR専用パーツ。

・GRスポーツ…GR専用パーツのみ。ドレスアップ車。エンジンチューン無し。

スポンサーリンク

第一弾 プリウスPHV・GRスポーツ

2017年9月19日発表!

※画像は普通のプリウスPHV

第一弾はあのプリウスPHV。狙ってPHVを最初にした訳ではなくヴィッツGRMNが遅れてしまい、自然に第一弾がプリウスPHVになった模様。

ただPHV車なので専用パーツが装備になっているGRスポーツで発売されます。エンジンはそのままで燃費性はそのまま(多少は落ちるでしょうが)、ある意味安心です?

ベース車との違いは何と専用18アルミホイール(ベース車は15インチだそうですね…笑)やアルミペダルやボディ同色リアクォーターパネルなどその他多数。一見にして違いが分かる外観となっています。

第二弾 86 GR

2017年11月21日発表!

※画像は2016年製の86GRMN

こちらはGRの86。GRはスポーツチューニングされた本格派で完全スポーツカーのGRMNとGRパーツのみのGRスポーツの中間的な存在という、やや分かりにくい位置になります。

まあGRMNまでチューンナップしてしまうと高額になってしまう(2016年製のGRMNは648万円!)ということもあり中間的なGRを選択したのでしょう。86は若者向けな比較的ライトなスポーツですからね。

内容としては、

・ミシュランパイロットスポーツ4の17インチタイヤ

・86専用チューンザックス製ダンパー

・86専用チューンAdvics製ブレーキ

・ローダウンサス

全長×全幅×全高 4290mm×1775mm×1310mmに

価格は500万円!とけっこう高額です。※予定

2016年製の86GRMNよりはライトな仕様となる見込みですがGRの名に恥じない中身になるということで期待大です。

第二弾 プリウスα GRスポーツ

2017年11月21日発表!

※画像はプリウスα G'S

第二弾がプリウスα???という感じは否めませんが、こちらプリウスα G'Sを改良してGRスポーツになります。プリウスαは今のところはフルモデルチェンジはしない方向でG'Sだけ新しいGRにモデルチェンジするという何とも言えない感じです。

こちらもハイブリッド車で燃費重視ですから「GRスポーツ」ということでパワートレインには手が加わりません。専用GRパーツでやけにカッコイイ、プリウスαになる予定。走ってたら新しいプリウスが出たんじゃないか?とみんな振り返りそうです。

第二弾 アクア GRスポーツ

2017年11月21日発表!

※画像はTGRコンセプト

アクアGRスポーツも登場します。いかついアクアでアクアなのかもよく分からないカスタム仕様です。ただ「GRスポーツ」なのでパワートレインはチューンされていません。つまり同じですから外観を超カスタムしたバージョンと言えるでしょう。しかも

・アクアGRスポーツ

・アクアGRスポーツ・17インチVER

の2種類が発売される見込みで17インチVERは超カスタムされる模様。ただ中身は普通のアクアのエンジンハイブリッドになります。公道を走るので燃費が良いカスタム車なんて最高じゃねえかなっていう、日本ではこのくらいが丁度良いかもしれません。。

尚、価格はまだよく分かっていません。

第二弾 ヴィッツ GRMN

2017年11月21日発表!

ヤリス GRMNとして欧州で限定販売するモデル(※2018年)を日本でも発売。今回のGRの最大の目玉がこのヴィッツGRMNでしょう。

GRMNということで”210馬力を超える出力を実現する 1.8L スーパーチャージャーエンジンを搭載し、スピードだけでなく、走る楽しさを提案する”モデルとなっております。

ヴィッツの車体で210馬力かよっていう、これがGRMNとGRスポーツなどとの違いでしょう。

生粋のスポーツカーに変貌するのがGRMNということで問題ありません。なぜヴィッツだけGRMN化したのかと言えばこれは(ヴィッツ=ヤリスが)WRCラリー復活記念ということでヴィッツということです。

尚、欧州仕様は派手派手ですが日本発売車はボディーカラーが白なら白一色となる模様です。そちらの方が最近では良いのではと思いますね。

【ヴィッツGRMN仕様】

  • フロントサスペンションタワーのバー追加や、ブレース補強を行った強化シャシー
  • SACHSショックアブソーバー、トルセンLSD(リミテッド・スリップ・デフ)、フロントスタビライザーバー
  • BBS 17インチマルチスポークホイール、ブラックウィングリアスポイラー、リアディフューザー、センターエキゾーストテールパイプ
  • スポーツタイプフロントシート
  • スポーツアルミペダル、コンビネーションメーター

【仕様については公式HPでも確認できます】

価格は未定です。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-トヨタ