トヨタ

ランドクルーザープラドが2017年マイナーチェンジへ※変更点と発売日について

2017/05/13

ランドクルーザープラドのマイナーチェンジが2017年に実施されます。

スケジュールとしては2017年8月に発表発売という予定です。

今回のマイナーチェンジの主な概要としてはトヨタセーフティセンスP搭載内外装の改良という内容になっています。

以下よりもう少し詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ランドクルーザープラドマイチェン内容

前述の通りトヨタセーフティセンスPを全車装備します。

トヨタセーフティセンスPとはトヨタの最も高性能な自動ブレーキシステムや全車速追従機能クルーズコントロールなどの装備がセットになっている安全安心パッケージです。

そういったことで全てのグレードで10万円程値上がりになってしまうという観測です。ただ10万円程度の値上げをする価値がある装備だと言えます。

これで現行車のトヨタのSUVには全てトヨタセーフティセンスP全車標準装備となります。

(ランドクルーザー、ランクルプラド、ハリアー、C-HR)

※トヨタセーフティセンスCもありますがPの方が偉いです。

フロントマスクが若干の変更

現行型のプラドのフロントマスクは押し出し感が強力ですが、このイメージを保ちつつ、またフロントマスクが変更になる予定です。

フロントグリルのサイドにあるLED(赤丸部分)がヘッドライト内に収まり、導光LEDになるようです。

またケツのコンビランプも改良されて最新機能・デザインが施される予定。

そして縦グリルが4方囲まれる(現行車は下が囲まれていない)デザインになります。

またフォグランプもLED化されるであろうという情報で形状デザインが多少変わります。

主にフロントマスクが改良されたりLED部分が洗練されるのですが、全体的な車の形は従来通りとなります。

エンジンスペック等は全く変わりません

今回のマイチェンではエンジン等の中身のスペックは変更点ありません。

従って2013年(マイチェン)モデルと同じであるということが言えます。

ディーゼル車も最近出たばかりでこちらも同様のスペックです。

2017年マイチェンモデルの優位性とはトヨタセーフティセンスPが全車標準装備されることです。

ここに価値を見いだせないということであれば以前のモデルでも全く問題ないでしょう。

フルモデルチェンジはいつか?

プラドやランクルを買うならいつが良いのか?というのは迷うところですよね。

フルモデルチェンジをすると優れたスペック装備や全く違った外観になってしまうことも珍しくありませんので購入するタイミングというのは非常に難しいです。

さてこのプラドや上級車のランドクルーザーは2020年まではフルモデルチェンジしない見込みだそうです。

あくまでも予想というかその予定ですから100%ではないものの、現モデルは2020年までは大きく変わらないんだなという算段で購入を検討して良さそうです。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-トヨタ