マツダ

マツダの3列SUV CX-8が2017年内に発売が決定

マツダの3列シートのSUVの名称が「CX-8」であることが判明しました。

これはマツダによる公式発表であることから間違いない情報です。

発売は2017年内としていてすでに車はほぼ完成しているといった空気感です。

一部報道によるとこのタイミングで発表したのは『噂情報が飛び交っていて、問い合わせが多くなって発表に踏み切ったのでは?』という憶測も流れています。ここは分かりませんがそうだとすればマツダが注目されているという証。

一般購入者のCX-8に対する関心は高そうです。日本車の中では高い部類に入るCX-5が予想以上に売れているのでこのCX-8も売れる予感はしますね!

スポンサーリンク

CX-8のスペックも一部判明

※画像はCX-5です

外寸(全長 x 全幅 x 全高) 4,900mm x 1,840mm x 1,730mm
ホイールベース 2,930mm
エンジン SKYACTIV-D 2.2(新世代クリーンディーゼルエンジン)
トランスミッション SKYACTIV-DRIVE(6速自動変速機)
乗車定員 6名/7名

ベース車であるCX-5は全長が4,545mmですから355mm程度拡大されることになります。ホイールベースも同様に拡大となり3列目が車内に備わります。

ちなみに現行車のトヨタ高級ミニバンアルファードの全長は4,915~4,935mmですからCX-8とほとんど変わらない長さになっています。

そういったことで十分な室内スペースになるのではないか?と予想されます。

エンジンはディーゼルエンジンのみか

そしてエンジンは今のところ2.2Lのディーゼルエンジンのみの発表となっています。

まだ分かりませんがディーゼルエンジンだけの発売になるかもしれません。

3列シートの6~7人乗り車種ですからディーゼルエンジンでないと動力不足になる怖れはあるでしょう。

・メリットは動力が十分なエンジンになることと燃料が軽油で安い。

・デメリットは車体価格が高くなることです。ガソリン車に比べるとCX-5ではおよそ30万円程高くなっています。

CX-8の価格はいくら?

ここはまだ決まっていないので分かりません。

予想としては320万円程度からの価格帯だと言われています。ここはハッキリしませんね…。

しかしアテンザを超える最も高い車種になるのは間違い無さそうです。マツダの(国内)最高級車種がCX-8ということになるでしょう。ちなみに北米向けではCX-9が最高級車種です。CX-9も3列シートSUVですがデカ過ぎて日本では発売されていません。

ビアンテとプレマシーは販売終了

そして2017年内にビアンテとプレマシーは販売終了になる予定のようです。

従ってマツダはミニバンが撤退することが決まりました。

CX-8も3列シートでミニバンと言えばミニバンですが従来型のファミリー向けミニバンからは完全撤退する模様です。

CX-8はファミリー向けミニバンというよりも、SUVという性格が強く質感の高さが売りの高級車寄りの車であると言えそうです。

実際最も安いグレードでも320万円超えからと予想されていますし、一般ファミリー向けではないなと思った次第です…。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-マツダ