トヨタ

トヨタアクアが2017年6月にマイナーチェンジ※何が変わるのか?

2017/04/27

トヨタアクアが2017年6月にマイナーチェンジします。

もう少しですね。どうも急遽マイナーチェンジするという印象が拭えません。

これはやはりアクア自体の販売がやや落ちていることが原因でしょう。新型プリウスの発売やヴィッツハイブリッドの発売によってアクアの販売が落ちていたということがあります。

続いては気になるマイナーチェンジの中身です。

スポンサーリンク

アクアのマイナーチェンジ概要

■燃費が37km/L→38km/Lへ

あくまでもJC08モード燃費の話ですが1km/L程度燃費が向上するようです。この1km/Lを向上させるのも大変なことになりますから素直に素晴らしいと捉えた方が良さそうです。

■ヘッドランプ周辺、リアコンビランプデザイン変更

外観については顔が大きく変わるということは無さそうです。ただヘッドランプ周りやリアのコンビネーションランプのデザインも変わるということです。

ちなみにリアのコンビネーションランプというのはここら辺ということになります。

■内装も質感アップに

マイチェンによって内装については主にシートのグレードアップをしていくようです。ちょっとシートの生地が良くなった感じとか、インパネ周りなどの質感も上がる見込みです。

■グレードを見直し

今、X-URBANというグレードがありますがこちらがクロスオーバーというグレード名に変更されるようです。しかしだからと言って車高が上ったり、SUVテイストが増すという訳ではなさそう。質感は上がると思います。そしてGʼsという特別仕様車的なスポーツタイプは廃止です。これはどの車種でもそうなっています。

 

トヨタだから見た目的には上質感は増すと思われる

今回のアクアのマイナーチェンジってどうなの?と言われると「トヨタだけに見せ方は上手いので上質感は増すだろう」と思われます。

アクアも登場して5年以上経っている訳でそろそろ見た目も若干古くなってきた感じはあります。

そういう意味でもマイナーチェンジが必要だったと言えますので、マイチェンでは今風の外観に仕上げてくるだろうと思います。

こういう所はトヨタは上手だと言えますから、パッと見でも分かるように改良してくることでしょう。そういう意味では安心というか、新しいアクアだなという実感が持てるので購入には前向きになれそうです。

実際に買う場合はいつから商談か?

実際にこのマイチェンモデルを買う場合には商談はGW明けからという話です。

GWに商談したいとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、GW明けの見込みのようですね。

約1ヶ月前から事前予約を受け付ける形になりそうですから、そういった感じで動くのが良さそうです。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-トヨタ