日産

新型日産リーフの発売日が決定!一回の充電で航行距離は500km超え!

2017/09/10

新型日産リーフの発売日が決定!とややフェイクニュースのニオイがする見出しになってしまいましたが、これは米国でのお話。アメリカでは新型日産リーフが2017年12月に発売されることが正式発表(Twitter上の話だそうですが…)されています。(2017年9月に発表→12月発売)

そして肝心の日本発売についてはまだ分かっていません。

日本でも9月発表→12月発売予定だそうです。

日本発売は2017年10月2日確定です。

スポンサーリンク

新型日産リーフ価格

【新型日産リーフ価格】

S・・・3,150,360円

X・・・3,513,240円

G・・・3,990,600円

最近のコンパクトSUVのようなルックスに変化した日産リーフ。初代より格段に格好良くなりましたね。

これなら人気が出そうですし普段も乗りたいなって思いました(^o^)

発売日は二転三転した感はありますが10月2日より。すでに商談は日産ディーラーにて開始されているようです。

IDSコンセプトモデル

日産リーフと言えば外観がちょっとなという意見も多いです。デカいハッチバックという感じでモッサリ感はありますね。テスラがライバルですからここはシュッとさせないと厳しいんじゃないのかって思ってしまいます。

新型リーフのコンセプトモデルは以下のような感じです。

「IDSコンセプトモデル」

2018リーフ・スパイショット!

今年出る新型日産リーフの形はこんな感じなんでしょう。

テストで走っている車ということでほぼ市販型と外形は同じでしょうからまたハッチバック的な形になる見込みですね。テスラみたいなカッコイイ車とはいかなかった模様…。

ただこの安定感のある実用的な形が日本車と言えばそうかもしれません。機能重視で乗っている人にとっては頭上も高く荷物も多く積めそうですし使える車になっていると思います。

航行距離は倍になる見込み

EV車と言えば航行距離が問題になります。

初代リーフは改良の度に航行距離が伸びましたが最終的には充電満タンで280km走れるようになりました。

今回の新型リーフでは550km程度になると言われています。ここはJC08モード燃費のようなもので実航行距離は400kmくらいじゃないのか?という話です。これでも十分な距離だと思います。

最近では充電施設が増えていますので遠出、旅行にも対応できる内容になっているのではないかと個人的には思いました。

日本一周とかになるとどうかなと思いますが(^O^;)、普段使いするには問題ない航行距離であると言えます。

ちなみに駆動用バッテリーは現行車の倍の60kWhのモノが搭載されるようです。

新型日産リーフの価格は?

新型日産リーフの価格はおおよそ400万円前後ということです。

現行車は駆動用バッテリー容量 30kWhが4,018,680円で容量が倍になりますが同等の価格になりそうということでここは喜ばしいところです。また補助金は現在のところは33万円くらいになっています。

ですから370万円くらいの車体価格になっているという状況です。ここは来年どうなっているか分かりません。

新型日産リーフの日本発売日は?

前述のように2017年12月に発売されるのは北米のお話です。

日本ではどうなるのか?

もしかすると日本でも2017年12月かもしれません。現行車のリーフは2010年12月にアメリカと日本で世界に先立って発売されています(リーフwikiより)ので今回も同時発売ある??かもしれませんね。

ただまだ発表になっていませんので安心できません。分かり次第こちらでお伝えします。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-日産