三菱

三菱エクリプス クロス・スペック詳細判明!発売日は2018年か?

純粋な三菱車としては最後のニューモデルになると言われている三菱エクリプス クロスの詳細が判明しています。

(ちなみにエクリプス以降は日産の影響力が強まるため純粋な三菱車とは言えなくなるかも?)

三菱エクリプス クロスはCセグメントくらいのSUVということになります。特徴としては全高が高いSUVらしいSUVで見た目が良く質感が高い車です。

以下よりスペック詳細です。

スポンサーリンク

エクリプス クロスのスペック詳細

■1.5Lターボ(新開発)と2.2Lディーゼルターボの2タイプで発売

■プラットフォームはアウトランダーと共有

■発売日は2018年初頭~春になる見込みであることが今のところ有力です。

【ディーゼル車】

全長 4405mm
全幅 1805mm
全高 1685mm
エンジン 2.2Lディーゼル
最大トルク 37.0kgm/1500~2750rpm
最高出力 150ps/3500rpm
ミッション 8AT

【1.5Lガソリンターボ車】

全長 4405mm
全幅 1805mm
全高 1685mm
エンジン 1.5Lターボ
ミッション CVT

以上になります。

価格はどうなる?

価格は今のとろこ判明していません。

最も安いモデルでも250万円程度からではないか?という情報もありますので、ミドルサイズSUVの価格帯になりそうです。

250~350万円といった価格帯の車であると思われます。

ちなみに同じエンジンを搭載しているデリカD:5のディーゼルモデルは¥3,526,200~という価格になっていて日本車では高い車の部類に入ると思います。※2.2Lディーゼルエンジンは基本同じですがエクリプス用に改良される予定です。

エクリプスのディーゼルも高いかもしれませんね。おそらく1.5Lガソリンターボ車が250万円前後からの価格設定になるのではないかと思っていますがここは蓋を開けてみないと分からないといったところです。

ちなみに全車電子制御のAWD車となる見込みです。ディーゼルはデリカD:5のAWDですと13.0km/L程度の燃費性です。マツダのクリーンディーゼルと比べるとそれ程燃費性は良くはないです。軽油の安さでカバーでしょうか。

ランエボⅩのS-AWCシステムを継承

その他のトピックとしてはエクリプスの4駆システムはランエボⅩのS-AWCシステムを継承するという情報です。

ランエボⅩのS-AWCシステムとは4駆性能を最大限に発揮させるためのシステムであり、エンジントルクやブレーキ制御等によって非常に高い走行性能を発揮するというモノです。

スポーツカーに採用されていたシステムを使うということですからエクリプスクロスの走行性能はズバリ高いと言って過言ではないでしょう。SUVの4駆と言えばとかく走破性や悪路対応だけにフォーカスされがちですが、スポーティーな走りにも期待できますね。

2.2Lディーゼルは8ATと組み合わせるようですから特に期待できます。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-三菱