CAR情報メモ

【恐怖】東日本大震災以来の自動車販売台数500万台割れ※本当に景気が良いのか?

最近は景気が回復基調だという話を良く聞いたりします。日銀短観は常に景気が上向きか横ばいという情報。

また政府は雇用がバブル期並であるとし、完全雇用に近いという話まで飛び交っています。

しかしながら消費は弱く、自動販売台数は何と東日本大震災以来の500万台割れということで最悪の状況であると言って良いでしょう。先進国で日本が最も経済成長していないのは去年のG7伊勢志摩サミットでバレて(周知されて)しまいました笑。

やっぱり景気は悪いんじゃないのか?というか未だにデフレ脱却しておらずまだ道半ばと4年以上言い続けているのに景気が回復基調だと言う話が常識になっているのが個人的に恐ろしいと感じています。

経済状況が余り良くないなら認めたら良いんじゃないのか、誤魔化しても後で倍返しになって返ってくるだけなんじゃないかと思うんですよね…。

スポンサーリンク

2016年の登録台数状況は?

16年では、登録車(排気量660cc超)が前年比3.0%増の324万4798台と2年ぶりに前年を上回った。軽自動車(同660cc以下)が同9.0%減の172万5462台と2年連続で減少した。

gooニュースより

2016年登録台数

全体の数字は前年比1.5%減の497万0260台

・登録車(普通車)…324万4798台(3%増↑

・軽自動車…172万5462台(9%減↓

内訳を見ると普通車は前年よりは3%増えています。軽自動車は何と9%も減っている。そういうことで価格が高い普通車が増えて良かったのではないか?と見る向きもありますよね。

ただ台数的にはかなりのダウン。そして3%増というのは微妙なところです。

なぜなら前年も決して良い数字ではないですし、それに比べたら2016年は多少良かった程度の話です。

最近は車離れが加速中だから…

よく言われるように若者の車離れはあると思います。お金の問題であったり、車好きという人が減っているのは確かです。

車はお金がかかるだけだということで乗らない若者も増加中。持っていて当たり前という時代は過去のことです。

また高齢化が加速していて、免許を返上する方も増えていますよね。新しく車に乗る層が減って、既存の自動車ユーザーが減っていれば今後は必ず自動車の販売台数は減っていくはずですよね。

「経済成長は人口の問題ではない」と考える方もいるようですが自動車販売台数に関しては絶望的でしょう。なぜなら自動車に乗る人口は今後もどんどんと減っていくからです。給料が増えても自動車に乗る年代が減っていくのでどうにもなりません。出生数が爆発的に増えれば20年後くらいには自動車ユーザーも増えるでしょうが今すぐには無理というのが常識的な見方だと思います。

北米市場と日本市場の具体的な差は?

上記のような認識はとうの昔に日本の自動車メーカーも分かっていることです。

日本市場は(しばらく)成長できないですし中国市場やその他アジア市場の方が成長できると考えるのは自然なことでしょう。また実際にはすでに北米市場にシフトしている自動車メーカーがほとんどです。中国市場などは今後の有望株という位置づけ。

スバル車がアメリカ(北米)でどれだけ売れているかご存知でしょうか?

何と2016年8月で6万台ですよ…。どのくらいの違いかは以下より数字で説明致します。

スバル米国販売、初の6万台超え…月販新記録 8月(レスポンス)

これは衝撃的な数字です…。あのスバルが(失礼)月に6万台も売れているなんて。

【日米販売台数比較※2016年8月】

■アウトバック…1万7358台(北米)→日本は不明、1000台に達していない

■フォレスター…1万9658台(北米)→日本は2006台

■XV…8787台(北米)→日本は1129台

主要な車種でも8倍~10倍以上の差があります。フォレスターの1万9千台というのは日本の1年間に売れる台数です。その数字を僅か1ヶ月足らずで達成してしまうのですから、もう日本市場は無視しても良いとなっても不思議ではないですよね。また確かに日本とアメリカ(北米)の売れ筋商品は違いますけども、人口的にはアメリカは日本の3倍もないくらいです(日本は1億人ちょっと、アメリカは3億人ちょっと)。それでこの差ですから日本ってどうなっているんだ?経済がおかしいのは明らかです。

格差はアメリカの方が酷い状況ですから格差のせいではないでしょう。日本が経済状況が悪いのは間違いないことはほぼ証明されていると思います。

中国市場はそのアメリカ市場を上回るポテンシャルがあると言われていますので、だから日本企業含め世界中の自動車メーカーがチャレンジしているという訳です。『中国経済崩壊!』とかいう怪しげな本が日本の書店に並んでいますがいつ崩壊するんだよ!って思ったりします、うーん。まあ共産党政権というのは危ないのは確かなんでしょうけども。

さて日本車でも日本向けのサイズの車(5ナンバーサイズ)が減っていてコンパクトカーでもやけに幅広い車ばかりです。コンパクトSUVは顕著で小さい車なのに横幅は(日本の)高級車並です。さすがにフィットやアクア、5ナンバーミニバンなんかは横幅は拡がらないでしょうが、そういう車しか明確に日本向けではなくなっています。

※横幅が広すぎる車は日本では運転するのが難しいし、邪魔なんです

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-CAR情報メモ