トヨタ

トヨタクラウンのフルモデルチェンジは2018年登場予定

2017/08/31

トヨタクラウンのフルモデルチェンジは当初は2017年内とされていましたが、少し伸びるようです。

時期については確定とは行きませんが今のところ、2018年1月という情報です。

大きな変化は今のところは無くエンジンやグレード構成も引き続いて同様のものになるようです。ただしグレードは減って統合される形になるでしょう。現行車のトヨタクラウンをご存じない方は今どうなってるのか?分からないかもしれませんので若干説明していきます。

スポンサーリンク

トヨタクラウンって今どうなってんだろうか?

トヨタクラウンは今いろいろな種類があって「クラウン」という一つの車種ではありません。

トヨタクラウン公式

通常、トヨタクラウンと言っているのは「クラウンマジェスタ」と「クラウンアスリート」ということになりますね。フルモデルチェンジするということでこの2つの車種が主にモデルチェンジされるという形。

フルモデルチェンジではクラウンアスリートは2.0Lターボ車と2.5Lハイブリッド車が残るということになりそうです。現行車では3.5L車もありますが燃費が悪いですしそんなに支持されていないようなので廃止になる可能性が高いです。

そしてアスリートの上位車種であるクラウンマジェスタは3.5Lハイブリッドが残るだろう、そして4WD専用車の2.5L車が残るのかは不明です。もしかしたら無くなる可能性も。

またクラウン ロイヤルという車種もあって名前からすると最上位車種なんじゃないかと思いきやこちらはアスリートよりも価格が安いモデルで位置付けが難しいモデルです。こちらは特に情報がありませんのでフルモデルチェンジで廃止になる可能性があります。

トヨタとしてはもっとスッキリしたグレード構成や車種構成を目指しているのだと思います。現状では様々な車種でグレード構成などが多岐に渡っているケースが多いのですがこれが非常に無駄なんじゃないのかというところがあるんでしょう。

また旧タイプのクラウンコンフォートやクランセダンなんかもあってこちらはフルモデルチェンジでほぼ廃止になるモデルだと思います。

整理するとアスリートとマジェスタで販売か?

そういったことでトヨタクラウンは今後はアスリートとマジェスタの2段構成で基本的には販売していくことが予想されます。

そちらの方が分かりやすいですよね。ちなみにクラウン系の車種は全てトヨタ店扱いで本店でしか購入できないという形でしょう。トヨタ店が本店なのか?と言われれば他店に怒られるかもしれません。ただ一般的にはトヨタ店が販売店のトップで他のトヨペット、カローラ、ネッツとは対応が違ったりするとか言われますがこれはお店や地域に寄ると思います(^O^;)

話は脱線しましたがアスリートとマジェスタがあって今度は新しく「GRMNモデル」というものも発売される予定だそうです。

これはG'sというスポーツモデルに代わる新しいタイプでクラウンでもGRMNモデルが発売される見込みです。こちらはV6・3Lターボ(340馬力)も検討中ということで尖ったクラウンが見られそうです。サルーンではなくてスポーツカーですよね。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-トヨタ