車の購入

車の予算の目安は年収に対してどれくらい?本当の維持費はいくらか?

2016/08/17

車の予算の目安は年収に対してどれくらい?なのか

これは一概には言えませんが、年間でどれくらいのお金を車に掛けられるか?で違ってきます。

例えば年収が500万円あるとしましょう。すると半分くらいは予算にして良いという話もありますよね。

しかしそれはちょっと単純化しすぎのような気がします。

スポンサーリンク

年収ではなく、10年スパンで

Print

できれば車は新車もしくは新車に近い車を買った方が安上がりです。

それは修理や税金が安くなるからです。新しければ修理が少ないと断言できないものの、確率から言って間違いなく中古車よりも新車の方が修理リスクは低減されます。

さらに税金は最近ですと13年経過の自動車税の増税、重量税も増税されます。これは過大な負担になります。新車であれば今ならエコカー減税があって自動車税や重量税が軽減、免除されますから有利です。13年経過も遠い話です。

新車に近い車を買うなら10年以上乗ることができます。この乗り方が1番経済的です。

ですから10年スパンで車予算を決めるべきでしょう。

長い目で考えてどのくらいの車を自分が購入できるか?そういった視点が必要です。何故なら車って物凄い費用が掛かるんです。

10年スパンで考えるとは、300万円の車だったとすると年間では30万円掛かるということですから、年間で車に30万円も捻出できない!となればもっと予算を下げるべきです。

車は維持費もかかる

当たり前の話ですが、車は維持費がかかります。

ただ国産車の場合には余り維持費が掛かりません。壊れないですし、メンテナンスが余り必要ではありません。もちろん車を長持ちさせるにはメンテをした方が良いに決まっていますが…。

そういったことで私の場合は維持費は税金やガソリン代のみです。

オイル交換?ワイパー交換?タイヤ交換?

すいません、やってません(笑)

必要に応じてやってはいますが、こまめに交換するということはありません。

オイル交換は車検時に車屋で促されてやる程度です。ただ月々に距離を多く走る人はやった方がいいでしょうね。

私の場合は月の維持費はガソリン代5千円くらいです。

(2リッターエンジンで燃費は12km/Lくらい)

維持費と感じるものはそれだけですかね…。

自動車税+重量税は年間で6万円くらいです。これも維持費と言えば維持費ですが、税金として別個に払うので月々に出て行く費用には感じられません。

ちなみに車検代はいつも15万前後です。高い?うーん普通車で中古で買った車なので毎回ちょっとした交換・修理があります。この中には重量税や自賠責保険代が含まれていますので全部が全部、整備費のようなものではありません。

あと任意保険ですが、これは年間で2万円を切ります。

これは車両保険に入っていませんし、等級が最高、保険見積もりで最低価格の保険に入っているためにそういうことになっています。

維持費1年間=7.5万(車検費用)+4.5万(自動車税)+6万(ガソリン代)+1.8万(任意保険)

総計19.8万円

普通車ですと、維持費は年間で大体20万円はかかる。そう考えた方が良いでしょう。

余り走っていない、メンテナンスも最低限、任意保険は格安という条件です。

つまり維持費は最低でも20万円掛かりそれプラス車両価格

以上を踏まえますと、新車価格で300万円の車を買うと、年間で20万円+30万円という計算にはなるでしょう。

車両保険をつける方が多いと思いますので、ここが計算が難しいのですが、プラス5万~10万というのが相場ですかね。

そうなりますと維持費が30万円+車両価格30万円というのが年間かかってくる金額になるでしょう。

車に年間、60万円も出せないという方は車のグレードを下げるべきです!

極端な例を言えば軽自動車ならば車の維持費が安くなる(※税金が安い)上に車体価格も概ね150万円前後ということになってきますから、年間に車に掛かる費用がかなり減ります。

正直、しっかりと計算をすると車ってこんなにお金が掛かるのか!と唖然としてしまう場合もあります。

仮に年間60万円かかっているとすると10年で600万円ですからねぇ~。これは大きいなと思います。

そういうことで何も考えずに車を買ってしまう方が踏ん切りはつきやすいのは否めません(汗)。

正直な話、ローンを組まなければ何でも良い

個人的な見解かもしれませんが、自動車ローンを組まない限りは年収と予算なんて考える必要もない気がします。毎月出て行くお金と考えると大した出費もありません。自動車税5月と車検月だけ出費が大きくなるイメージです。

ハッキリ言って無理してローンで高い車を買うと毎月精神的に追い込まれるのでオススメではありません。

よく会社でいつも「金がない、カネがない」と言っている人がいませんか?

そういう人はローンに追われています。マイホームなら仕方ありませんが、不相応な外車をローンで買ったりして毎月金が無いと言っている人も実際に多いです…。

ローンは毎月支払わなければならない、更に金利があって余計にお金を払わないといけないことから、精神的にお財布的に思った以上に厳しいものになりがちです。

また『ローンじゃないと貯金がないので買えないじゃないか』という場合はまずはお金を貯めてみてはいかがでしょうか。

今すぐに車が必要、通勤に使うということであれば購入できそうな中古車で我慢する方が良いです。

結論としては今あなたが持っているお金がどれだけあるのかが車の予算です。もちろん、貯金を全額、車に充てるのは問題ありますので、ある程度の余剰資金で買える範囲が本来の車の予算だと私は思いますよ!

年収の半分というのは万人には妥当しませんので、あくまでもあなたの預貯金や生活レベルによると思います。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-車の購入