トヨタ

トヨタカムリがフルモデルチェンジ※グローバル向けには2.5L直4ターボも発売

2016/12/11

トヨタカムリがフルモデルチェンジします。

日本での発売は2017年9月前後となっています。

トヨタカムリは日本では存在感が小さいのですが(プリウスやマークXの方が存在感が大きい)、世界というか北米ではトヨタの看板車種の1つとして有名です。グローバル戦略車という位置付けなのがカムリでしょう。

そういったことで北米向けには2.5L直4モデル、2.5L直4ターボ、そしてハイブリッドモデルというラインナップがフルモデルチェンジで発売される見込みです。2.5L直4ターボは4本出しエキゾーストという噂ですね。

対して日本では現行車と同様にハイブリッドモデルのみの発売ということが有力です。

※新しい2.5Lハイブリッド(当然、1.8Lハイブリッドではない)

スポンサーリンク

カムリでもTNGAプラットフォーム採用

新型カムリではプラットフォームが一新されて例のTNGAが採用されます。

現行のプリウスとC-HRがTNGAのCプラットフォームになります。

カムリはその1つ上のクラスのKプラットフォームになります。名前や価格だけ1クラス上の車ってありますが、これは名実ともに1つ上のクラスであると言えます。

低重心化により更に動力性能は向上して燃費性も高くなり静粛性もアップします。悪いところがありませんね。

クーペスタイルで登場

次のカムリはクーペスタイルと呼んでも差し支えないスタイリングで登場します。

newcamry

出展:カーセンサーnet

リアの傾斜などは現行のホンダシビックのような感じ。もちろんセダンとして発売されますのでその点はご安心を。

サイドガーニッシュも光りますね。今風なルックスでカッコ良いセダンだなって思います。これならカスタムしなくてもそのままでも十分でしょう。

oldcamy

現行車ですとまさにセダンという感じがしますが、新型カムリはクーペスタイルで見た目的にもオシャレ感が増して上質な車にも見えます。

2017年はセダンにも注目?

2017年は日本車自体が熱いと思います。こちらをご覧になると(当サイトのTOPページ)フルモデルチェンジなど多くの車種があります。

こういった状況でも目を引くのが各社のセダンですね。カローラもついにフルモデルチェンジということでカムリと同じ年に大幅なBIGチェンジを迎えます。

カローラなんかは今のアクシオと全く違う仕様・外観・サイズになるであろうということですから非常に注目度が高いです。

またホンダのシビック(セダン)もついに復活しますのでかなり話題性が大きいです。

そしてマツダのフラグシップモデルアテンザもフルモデルチェンジされます。スバルのWRXも発売されますしかなり盛り上がる感じはしますね。

トヨタカムリはトヨタセダンの看板車種ですから最も力が入っている車種です。日本では余りそういう感じはしないのですが、プリウスなんかよりも実は力が入っているんじゃないかと思ってしまいますね。アメリカではプリウスはさっぱり売れていませんし、カムリの方が人気が高いです。

…ということでセダン人気が下火になっているとは言え、魅力的な車種が2017年には発売されますのでセダンファンとしては嬉しい限りではないでしょうか。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-トヨタ