スバル

新型インプレッサは買うべきなのか?販売は本当に好調?納期情報

2016/10/31

新型インプレッサって売れているんだろうか?ちょっと欲しいような気がしているんだがどうなんだろう?

そんな感じで新型インプレッサを気になっている方も多いでしょう。

新型インプレッサの販売状況ですが、現状では6,000台の受注を確保していてかなり好調です。スバルにしてはというのは失礼なのかもしれませんが、非常に地味な存在の現行インプレッサ(スポーツ・G4)が新型とは言えここまで受注があるというのはやや意外ですね。インプレッサがこれだけ売れるんだからスバルの新型の評判は上々のようです。

スポンサーリンク

新型インプレッサは買うべきなのか?

imp2

出展:スバル公式

今気になっている方は買って良い車種だと思います。他に候補があるのかと言われれば余り思い当たらないです。

例えばマツダのアクセラスポーツはライバル車種と言えそうですが、インプレッサは何と言っても安全装備が充実していてその分野ではアクセラでは勝ち目がありません。走りに関しても新型インプレッサの方が良さそうですね。ちょっと評判が良すぎるのはどうなのかというところはありますが(笑)。

また静粛性や乗り心地も1つ上のクラスの車種のようだと評される新型インプレッサですから是非他車と乗り比べてから決めても遅くはないと思います。

納期はどうなのか?

新型インプレッサの納期は一部情報では3ヶ月程度遅れているとのこと。予想以上に受注が多く生産が追いつかないために2016年内に注文しても来年の2月~3月くらいが納期になってしまう状況。

3ヶ月待ち以上は覚悟が必要のようです。

情報元

発売前の10月中旬時点で約6000台を先行受注しており、同社の吉永泰之社長によれば「納期は他の全スバル車同様、3カ月待ち」の状態にあるという。同社は北米工場の生産体制を強化しており、2017年からは年間生産台数を従来の2 倍となる40万台まで増やす予定だ。インプレッサも新型から北米向けはすべて現地で生産し、これにより国内の納期を短縮するという。

初動で予想以上に受注が多かったためにというのもありますし、スバル自体が好調で他車種も3ヶ月待ちのようですね。どうも国内では全くそんなことを感じませんが(失礼)、北米ではかなり売れているようです。

焦って買う必要ないです

最後に新型インプレッサは焦って買うべきではないとは思いますね。

やはりA型ですから初期型は様子見が基本です。スバルは年次改良で初期型の不具合や問題点を次の年にしっかり改良してくるので来年買っても良いのかなと個人的には思います。

ただ初期型でも今回のインプレッサはかなり完成度が高く気合の入れようは半端ないということで、いつものスバルの初期型とは違うと考えても良いですね。時間と資金がかなり掛かっているクルマですから「欲しい!」という気持ちはとてもわかります。

外観も何だかんだ言ってパッと見は変わっていないような気がしますが、かなり洗練されてシャープになっているという印象ですのでスバルの弱点も克服されてきたと言って間違いありません。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-スバル