LEXUS

最も売れていないレクサスISがマイナーチェンジ、本当に良くなったのか?

2016/10/30

今最も売れていないレクサスであるISがついに初のマイナーチェンジを迎えました。

何故ISは売れないのかと言えば車自体が悪い訳ではなくサイズ感が問題なのかもしれません。どうせレクサスを買うならもっと大きな車格がある車種を買いたいという方が多いからという理由です。

またISは大体ですがCセグメントの車格で4~600万円くらいです。このセグメントではCクラス3シリーズ、またA4などライバル車は強豪揃いなのでISが売れていないということが推測されます。つまりIS自体が悪い車だから売れていないということではないのでしょう。

スポンサーリンク

ISがマイナーチェンジ、何が変わったのか?

■フロントマスクが若干の変更

is31

最近レクサスではスピンドルグリルというものを採用していて口がデカイような顔をしています。これがマイチェンによって更に強調されたという変更になっています。地味というイメージがあるISをもっと特徴ある顔付きにして目立つようにしたというところでしょう。

■Lexus Safety System+を標準装備

これが最も大きなトピックだと思います。Lexus Safety System+とはこちらが公式の説明になっています。

要約しますと最近の車に搭載されている自動ブレーキやクルーズコントロールなどの一通りの安全装備のパッケージングをISに付けたということになります。ついこの前まではレクサス(トヨタ)はこの分野では遅れていました。今安全装備をどんどん標準装備させているところでレクサスもやっと標準装備になってきたというところがあります。

■内装の質感向上

is41

レクサスを買うユーザー目線としては内装の出来も気になりますよね。ISは今回内装の質感も向上させてきており、カーナビ・モニターを10.3インチに変更拡大しています。※旧ISは7インチ

■ボディーカラー新色追加

グラファイトブラックガラスフレーク、ディープブルーマイカを追加。

グラファイトブラックガラスフレークというのは画像で見る限りはグレーっぽい黒ですね。ディープブルーマイカはその名の通りです。

詳しくはこちらで確認

レクサスISを買う意味って何?

このクラスの車を買うならメルセデスのCクラスだろとかいう意見は多いですし、おそらく高級車のCセグのセダンならCクラスが最も人気が高いと言えます。

そこでレクサスISを買う意味って何ということですが、やはり国産ブランドで安心して乗れるということが第一点になりますね。実用性を重視する北米市場で支持が高いのはレクサスという結果になっています。やや意外な気もしますがやっぱり自動車は実用性が一番重視される部分です。

耐久性が基本的に高いですし且つ高級仕様の車がレクサスです。日本国内でも受けが良いのは間違いありませんし、下手に輸入車にするよりも上品な感じがしますね。最近はメルセデスも質が落ちているという話も聞きますし、外車と国産車では段違いという時代ではなくなっています。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-LEXUS