安全装備について 車の購入

自動駐車支援機能がある車種は何?国産車メーカー別車種

2016/11/16

自動駐車支援機能とは自動で駐車をしてくれたり、それを支援する機能がある車種になります。

この自動駐車支援機能は様々なタイプがあり、BMWの上級車種(7シリ)になると運転者が乗っていなくても操作1つで例えば自宅の駐車場に入ってくれるという優れた車種もあります。またメルセデスはActive Parking Assistを多くの車種に搭載しています。

国産車でも運転席で操作して自動で縦列駐車もこなしてくれる車種があるので今回は国産車でそういった機能がある車種を紹介していきます。

スポンサーリンク

自動駐車支援機能がある車種

fg

トヨタ

■インテリジェントパーキングアシスト

プリウス、プリウスα、クラウンアスリート 、クラウンマジェスタ、クラウンロイヤル、マークX、ヴォクシー 、 エスクァイア、ノア

■インテリジェントパーキングアシスト2

アルファード、ヴェルファイア

インテリジェントパーキングアシストとインテリジェントパーキングアシスト2の違いとは?

■インテリジェントパーキングアシスト

インテリジェントパーキングアシストは、車庫入れなどの駐車の際、必要なステアリング操作を車両がアシスト。
シフトを「R」に入れるだけで駐車枠を認識し、OKボタンをタッチすれば駐車枠にまっすぐ入るように自動でステアリング操作を行います。
イージーセット機能付きタイプでは、目標駐車位置を自動的に補正する機能も装備しており、ドライバーは周囲の安全確認とブレーキによる速度調整を行うだけで駐車区画の中央付近に精度良く駐車可能です。

トヨタHPより

 

■インテリジェントパーキングアシスト2

インテリジェントパーキングアシスト2は超音波センサーとカメラを使って駐車スペースを検知し、区画線を検出できた時のみ目標駐車位置を自動設定。
スイッチを押すだけで、適切な後退開始位置への誘導と後退駐車のためのステアリング操作を自動でアシストします。
手動による目標駐車位置設定が不要となり、また前進誘導機能が加わったことで使い勝手が向上しました。
さらには、切返しを伴う駐車、縦列駐車、縦列出庫などもアシスト。さまざまな駐車・出庫シーンに対応します。

トヨタHPより

インテリジェントパーキングアシストは駐車場の線が認識できる場面でバックできる位置まで自分で運転して後はRに入れるだけで勝手に駐車をしてくれる機能です。バックも勝手にしてくるのでブレーキを適度に踏んでゆっくりと安全確認しながら駐車できます。ステアリングは自動操作になっていて、ほぼ自動駐車と言って良いでしょう。

インテリジェントパーキングアシスト2は駐車場で超音波センサーとカメラで空いている所を車が探します。そして空いているところが見つかったら後はボタンを押せば勝手に駐車してくれるという機能です。難しいことはなく、空いている駐車スペースに横付けして後は勝手に駐車をしてくれるという機能。今のところはアルヴェル専用です。ただのインテリジェントパーキングアシストとの違いはバックするだけの態勢まで自分で運転しなければいけないか、必要ないかの違いやすでに駐車している車がはみ出していても2の場合はそれも検知して切り返しを行いぶつからないように全て自動でやってくれる点でしょう。

日産

■インテリジェントパーキングアシスト

エクストレイル、新型セレナ

駐車枠を指定するだけで、セレナが自動でハンドル操作を行い、枠の中への駐車をサポートします。車庫入れにも縦列駐車にも対応。セットは、インテリジェントパーキングアシスト専用の起動スイッチを押して、簡単な操作を行うだけです。

セレナHPより

日産はまだ少ないですが今後増えていくのではないかと思われます。

ホンダ

■スマートパーキングアシストシステム

ステップワゴン、オデッセイ

バック駐車や縦列駐車の際、ハンドルが自動で回り、運転操作をアシストします。
カメラで駐車枠を自動認識する機能も加え、よりスムーズな操作を実現しています

ホンダ公式HP

その他のメーカーはなし

「自動駐車」というステアリングが勝手に動いて勝手にバックして駐車してくれる機能と考えると上記の3大メーカーのみということになります。

一応スバルは次期フォレスターのVIZIV フューチャーコンセプトで自動駐車ができるようなのでおそらくEyeSight4に自動駐車システムが加わるのではないか?と思われます。

マツダはちょっとないですし、スズキやダイハツは主に軽自動車メーカーなのでそこまで付けないのでは?と思ってしまいます。

後は余談ですが駐車が上手な方は全く不要な機能のようです。自動と言ってもそんなにキビキビできるものではなく、逆にまどろっこしいと感じてしまう程度の実力です。つまり自分でやった方が早いという訳ですね。逆に駐車がとても苦手だという方には重宝する機能なのでオプション設定がほとんどですが付けて損はないでしょう。

【注意!!】車を安く売っていませんか?

もしかしてあなたはまだ車を下取りに出していませんか?
もし、そうだとすると大損している可能性があります!

中には下取りではほとんど値段が付いたことがない、5万円やそこらで持って行かれている方も多いです。

ただみたいな金額で愛車をディーラーに渡すくらいなら買取査定に出してみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

かんたん車査定ガイド

kantang

どうして一押しなのか?と言えば申し込み後すぐに『あなたの車の概算額が分かる』からです。今自分の車がいくらで売れるのか知りたい方が多い訳ですから、概算額でもいいから今の相場が分かるということは大きいです。

実際に使ってみて概算額がすぐ分かって良かったです。

高額査定もありますから下取りが安くても諦めないでください。

スポンサーリンク

-安全装備について, 車の購入